サービス案内

アクセス解析

アクセス解析でユーザの心を読む。

アクセス解析って?

次回会議で我が社ホームページのアクセス数を報告してくれたまえ!はい!…とは言ったものの今のホームページ、何年も放置されてるよな...だれか把握してるのかな?

ホームページのアクセス数ってどうやって見るの?うーーん…よく分からない。

「アクセス解析」ってい聞いたことあるけど、よくわからない…「アクセス解析」で何が分かるの?

「アクセス解析」とは、「ホームページに訪れたユーザが残した足跡(データ)」を分析してホームページの状況を把握し、そこから見えてくる「サイトの問題点」を改善することでホームページを最適化する、方法・手順のことです。

図:アクセス解析の3ステップ1.サイト内外のデータを収集・調査する。2.収集したデータを分析する。3.分析結果を元に改善策を講じる。

なぜアクセス解析が必要なの?

膨大な数のホームページが存在し、かつインターネットユーザが多様化している現代、ホームページを作っただけでは誰も訪れてくれなくなりました。また、ホームページに対するユーザの要求も高まってきており、ユーザは使いにくいページや要望を満たさないページからはすぐに立ち去ってしまいます。

つまり、現在はユーザにとって「使いやすいサイト」「要望を満たすサイト」でないと効果が出にくいのです。

アクセス解析を行い、ユーザの行動を可視化することで「ユーザが満足していないかも?」という仮設が立てられるようになり、仮設をもとに、「ユーザが満足するサイト」への対策を講じることができるのです。ホームページを効果的に運用するためにはアクセス解析が必須の時代となっています。

アクセス解析ではこんなことがわかります

ホームページへの訪問方法

○○○というキーワードで検索...よし、1位に表示されている!

アクセス流入内訳(どこから来たか)をよくみると個人ブログのリンクからの流入がほとんど…75%が個人ブログのリンクから

ほとんど検索されないキーワードで1位になってる!それじゃ、意味ないじゃん!!個人ブログが命綱!?

ユーザがホームページに訪れる経路は様々です。上の例の様に、個人ブログからの流入がほとんどであった場合、そのサイトからのリンクを外されてしまえば、アクセス数は一気に落ちてしまいます。こんな場合は「なぜ個人ブログから流入されているのか?」を分析して、検索エンジンからの流入を増やすための対策(SEO)に活かしましょう!

入口ページ(一番始めに見るページ)

ユーザが最初に見るページはどのページだろう?フムフム

あれ!?入口ページの直帰率が異常に高い!!

うーん…ユーザが探している情報とページの内容が合っていないのかも?

入口ページは、ホームページの第一印象を決めるとても重要なページです。入口ページの直帰率(1ページだけ見てすぐ帰ってしまう率)が高い場合は、ユーザが求めている情報がページに書かれていない可能性があります。ユーザの目的を満たす内容になっているかどうか、見直しが必要です。

導線(ホームページ内でどんな経路をたどっているか)

製品案内ページは情報がたくさん掲載してあるから閲覧数が多いな!

でも離脱率がこんなに高いのか!その先にもっと見てもらいたいページがあるのに!

リンクが下にありすぎてその先のページまでたどり着かずに離脱してしまっているのかな...

「次にどこをクリックすればわからない」ことが原因で本来見て欲しい次のページへユーザが進めていない場合があります。これは非常にもったいないことなので、内容やレイアウトに違和感がないか見直しが必要です。

特定ページの動向

今期は営業部では△△△サービスを売っていこう!……なのに問い合わせがない

あれ!?△△△サービスのページ、あまり見られていないぞ...おかしいな

△△△サービスのページからの問い合わせをもっと増やすにはどうしたらいいんだろう?

特集ページやキャンペーンページなど、特に力を入れているページはアクセス推移も気になります。これらのページをピックアップして基本的な指標や導線を確認すると、ページ作成者が想定したとおりになっていないことも。原因調査と早急な改善が必要です。

お問い合わせ完了までのフロー

見積もり依頼のフォームを設置したのにあまり見積もり依頼が来ない…

フォームのあるページから離れている人が多い!見積もりフォームから見積もり完了までに流出してしまう。

見積もりフォームの項目が分かりにくいのかもしれない。見直してみよう!

ホームページに来てもらうからには、問い合わせや購入(ショッピングサイトなど)をしてもらいたいものです。しかし、その導線がわかりにくかったり、フォーム自体が使いにくくてはその目的を果たせません。ユーザの経路から、どこでどんな理由でユーザが問い合わせを辞めてしまったか推測し、最適な導線になっているか見直しが必要です。

アイビーネットのアクセス解析

上記のように、アクセス解析を行うことでホームページの様々な課題が見えてきます。アイビーネットでは、アクセス解析を用いたホームページ改善のご提案を行っております。「ホームページを運用しているけど思ったような効果が見られない」、「リニューアルを検討しているけど何をどう変えればいいかわからない」とお悩みのお客様は、是非アイビーネットへご相談ください。

弊社には、「一般社団法人ウェブ解析士協会」公認の上級ウェブ解析士が在籍しており、お客様の業種やホームページの形態に合わせた最適なアクセス解析プランのご提案をさせていただきます。

ホームページ制作

このページの先頭へ