サービス案内

スマートフォンサイト制作

機会損失で潜在顧客を失ってませんか?

近年、性別や年齢、職業、環境を問わず、実に多くの人々にとってWebはなくてはならないものになりました。携帯電話やiPhone、iPadなどの各種モバイル機器、ゲーム機やテレビ、カーナビからもWebが利用されるようになり、ますます便利になってきました。

その中でもiPhoneの大ヒット、Androidの登場により、スマートフォンの普及が進んでいます。

企業サイトもスマートフォンからの閲覧を無視できない時代になっており、ユーザに最適なコンテンツを提供する為に、スマートフォンサイト制作が必要になってきています。

図:Webサイトへの機会損失

スマートフォン対応していないと、どうなる?

スマートフォンに最適化していないサイト:メニューなどのボタンが押しづらい。テキストリンクが小さくてが押しづらい。iPhoneだとFlashが見られない。文字や写真が小さい。「この会社のサイトは見にくいなぁ」「見にくいだけでなく操作しづらい」→ユーザーの滞在時間が短い=「購入」や「お問い合わせ」などにつながりにくい スマートフォンに最適化しているサイト:目的の情報を素早く取得できる。スマートフォン特有の操作がしやすい。文字や写真が見やすい。「スマートフォンに最適化されているので見やすい」「操作しやすいからいろんなページをついつい見てしまう」→顧客満足度の向上につながる

スマートフォンユーザーの特徴として下記などがあげられます。スマートフォンユーザが増えるにつれ、最適化していない企業サイトはユーザーの滞在時間が短くなり、「機会損失」から潜在顧客を失ってしまう可能性が出てきてしまいます。

スマートフォンユーザーの特徴
  1. スクリーンが小さい
  2. 急いでいる時に利用する(電車の時間や行き先へのルートなど)
  3. PCユーザーに比べ、目的意識が強い
  4. 野外での利用が多い

アイビーネットのスマートフォン制作サービス

アイビーネットではスマートフォン専用の画面構成など、ユーザーの特徴を考慮した使い易い最適なデザイン、構成をご提供いたします。

制作のポイント
  1. スマートフォンでのアクセスを自動で察知し、スマートフォンサイトへ自動振り分け
  2. スマートフォンを考慮した最適な画面サイズ
  3. タッチパネルで操作することを考慮したインターフェース
  4. 3G回線でもストレス無く閲覧が可能なように、極力画像を使わない軽量なサイト

スマートフォン対応後の次の一手「タブレット端末対応」

スマートフォンの普及と共にタブレット端末の普及も急速に増えてきています。タブレット端末とスマートフォンによるサイト訪問の内訳を、マーケット投入からの2年間で比べると、タブレット端末の割合が増加するスピードはスマートフォンより10倍ほども速く、2012年の増加率は300%に達しているそうです。

サイト訪問の内訳については、2013年前半にタブレット端末がスマートフォンを追い抜き、2014年前半には、タブレット端末が全体の10%を占めるまでになるといわれています。

タブレット端末に関しても、対応を怠るとスマートフォンサイトと同じく「機会損失」で潜在顧客を失ってしまうかもしれません。スマートフォンサイトの対応が完了しましたら、次の一手としてタブレット端末への対応を考慮すると良いでしょう。

「レスポンシブWebデザイン」でタブレット端末に対応する

タブレット端末への対応方法の一つとして「レスポンシブWebデザイン」があります。実はアイビーネットサイトは、この「レスポンシブWebデザイン」で作られています。

「レスポンシブWebデザイン」に関しても、ご興味がありましたらぜひ弊社にご相談ください。

ホームページ制作

このページの先頭へ