SEO対策

コンテンツ重視の正攻法で集客に貢献するサイト設計

アイビーネットではSEOで最も重要なことは「コンテンツ」であると考えています。いかにユーザーに対し有益なコンテンツを提供できるかを考慮し、自然なSEOを心がけています。

SEOはテクニックからコンテンツへ

SEOの情勢は数年前から大きく変化を遂げました。過去には、キーワードの詰め込みや不自然な被リンクなど様々な方法で対策が取られてきましたが、RankBrainの導入以降、コンテンツが重視されるようになりました。
このおかげで、ユーザーにとって知りたい情報をすぐに知れるようになり、有益な情報を提供しているWebサイトが上位に表示されるようになってきています。

RankBrainとは

“RankBrain is an algorithm learning artificial intelligence system, the use of which was confirmed by Google on 26 October 2015. It helps Google to process search results and provide more relevant search results for users.”
“RankBrainは、2015年10月26日にGoogleによって使用が確認された人工知能システムを学習するアルゴリズムです。Googleが検索結果を処理し、ユーザーに関連性の高い検索結果を提供するのに役立ちます。 2015年のインタビューで、GoogleはRankBrainがランキングアルゴリズムの第3の最も重要な要素であるとコメントしました。”

(引用:Wikipedia https://bit.ly/2hWVYaA)

このことからも、ユーザーにどれだけ有益なコンテンツを提供できるかが、最も大切な対策といえます。

検索クエリを読んで、最適なコンテンツやキーワードを検証

検索クエリからユーザーにどのようなコンテンツが好まれているかを検証することも大切な対策の一つです。検索クエリによっては、GoogleMAPが表示されたり、Youtube動画が表示される、まとめサイトが表示されるなど様々です。
このような検索結果もしっかりと把握し、コンテンツ設計を行うことも重要な対策のひとつであると考えています。