twitterにフリート機能が登場!!いったいどんなモノなのか??

Writter:Asai (20.11.12)

先日、突如twitterに登場した「Fleet(フリート)」。すでにtwitterユーザーでは様々な意見が飛び交っています。今回はこの「Fleet(フリート)」について紹介をしていきたいと思います。

twitter社の想い

twitter社の公式ブログでは、本来のtwitterとは「今」を語り合うツールである一方、様々な要因でそのツイートがされにくい現状がある。それを打開するために、よりリラックスして共有できる「フリート」を公開したと発表されています。

多くの人が既に確認されたように、フリートはtwitterアプリを開くと一番上に表示されています。(いきなりフリートが登場して、困惑したユーザーも多いと想いますが・・・)
実際に、見てみた感想としては、「Instagramのストーリーと同じじゃない??」と思いました(笑)。

フリートの具体的な特徴って何??

では、フリートの具体的な特徴って何でしょうか。こちらは、「アンドロック(https://androck.jp/)」さんの記事で詳細が記載されていたので、引用させていただきました。

  • 24時間しか表示されない
  • 画像、動画の投稿も可能
  • コメント(メッセージ)することができる (DM解放しているユーザーのみ。)
  • リツイートのような拡散機能はない
  • 「@」付ければユーザートップに飛ばせる
  • 「#」ハッシュタグも付けれる
  • 足跡機能あり (自分が投稿したフリートを誰が閲覧したか判別できる機能)
  • 鍵アカ(非公開ユーザー)のフリートも閲覧可能 (フォロワーじゃなくても閲覧できる)

多くがInstagramのストーリーと似たような特徴ですが、twitterというアプリの特性を考えた時に注目されるものも沢山あります。

まずは、「リツイートのような拡散機能はない」ということです。つまりは、twitterでの「バズ」は起きづらいということが予想されます。足跡機能も特徴の一つです。これがあると「○○さんは見に来てくれた、○○さんは見に来てくれない」という可能性があります。「ファボ(いいね)」や「リツイート」とは別の要素でtwitterに囚われる可能性も考えられます。 また、鍵アカのフリートが誰でも閲覧できるというのも特徴に上げられます。例えば、鍵アカのフォロワー限定のキャンペーンなどの告知をフリートでしてしまうと・・・。フォロワー以外にも見られてしまう可能性があるので、鍵アカの場合は、フリートを利用しない方が安全かもしれません。

一方で、メリットとしては、投稿から24時間、フォロワーの画面上部に表示されているということでしょう。 通常のツイートはタイムラインで流れていくので、フォロワーに見られないこともあります。一方で、フリートを活用することで、より多くのフォロワーに伝えることも可能になると考えられます。また、ハッシュタグも利用できるので、同じハッシュタグを利用して、ユーザー同士の交流がより活発になることも予想されます。

どのように利用されるのか?Instagramとの差別化は??

今回のフリート実装で、比較されるであろうSNSはInstagamではないでしょうか。「ソーシャルメディアラボ(https://gaiax-socialmedialab.jp/)」の「2020年8月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ」では、twitterとInstagramのアクティブ利用者数は1,000万人の差があります。ここのユーザー間の移動というものは起きるのでしょうか?個人的には起きないと予想しています。
双方のSNSでは、そもそもの性質が異なっています。 twitterは基本テキスト、Instagramは写真と投稿の方法が異なっており、ユーザー同士のコミュニケーションもtwitterの方が活発です。
このことから、今回のフリート実装による一般ユーザーの移動というのはあまり起きないのではと予想しています。

しかし、今回のフリートの実装で、より写真や動画をtwitterに投稿しやすくなったのは事実です。これまで、twitterとInstagram双方を運用していた企業アカウントは、よりtwitterに重点を置くことも考えられます。写真や動画を残しておきたいものは「Instagram」、リアルタイムでユーザーに届けたい写真や動画は「twitter」といった具合です。

これまで、twitterユーザーは様々なトレンドを生み出してきました。今回のフリート実装でどのようなトレンドが生まれるのか。twitterの運用により注目が集まるのではないでしょうか。

「日本はTwitterが最も多く利用されている国の一つであり、また日本の皆さんはTwitterを巧みに使いこなしています。その日本で、皆さんがどんなふうにフリートを使うのか、私たちは大変注目しています。」 twitter社もこう言っていますしね(笑)

コラム執筆中

アイビーネットでは、マーケティングなど様々なテーマでコラムを随時執筆中です。

コラム カテゴリ