これって知ってる?意外と知らないWebサイト制作の常識

Writter:Asai (20.12.04)

今回は、意外と知られていないWebサイト制作の常識(暗黙の了解)について書いていきたいと思います。いつからだろうって思うものや懐かし〜ってモノもあると思うので気楽に読んでみて下さい!!これから、制作を考えている方もこういう常識があるんだーと参考にしてもらえれば幸いです。

title要素には地域名と業種名、社名を入れる

いわゆるSEOの為に入れているモノですね。
弊社で言えば「名古屋のホームページ制作会社アイビーネット」と言った感じです。 テンプレとしては、「○○の■■なら株式会社△△」ですかね?同じように、ディスクリプションにも地域名・業種名・社名を入れることが主流になっています。しかし、これが本当に正しいのかは、要検討する必要があるんですね。

Web担当者フォーラムの「title要素のSEO:サイト名やカテゴリをtitleから削除すると、検索トラフィックは増える? 減る?【衝撃の実験結果】」では、title要素の検証とその実験結果について言及されています。Google検索は日々精度が向上しています。今後はこういったtitle要素もよりシンプルになる可能性がありますね。

ロゴをクリックしたらトップページに戻る

これも制作会社からすると当たり前にやっている処理ですね。ロゴをクリックすれば、トップページに戻れるというのは、Web制作の業界では当たり前のように扱われています。そのため、グローバルメニューにトップページへ戻るリンクを設置していないWebサイトも多数あります。しかし、この常識って一般常識になっているんでしょうか?

普段Webサイトに接する機会が少ない人からしたら「どうやってトップページに戻るんだ?」という混乱も招きかねない処理なんですよね、これって。つまり、より多くの人に快適にWebサイトを閲覧してもらうということを考慮すると、トップページに戻るリンクはグローバルメニューに明確に設置しておくことが好ましいと考えられるわけです。

スマホのメニューはハンバーガーメニュー

これは現在までも、沢山議論されてきているモノですね。いわゆる「三本線のボタン」です。多くのサイトでは、この三本線のボタンをクリックすることで、メニューの開閉ができるようになっています。これもロゴをクリックと同じような理由ですが、三本線のボタンがメニューであると分かるのかという話です。そのため、多くのWebサイトで様々な改善が行われてきました。「三本線+メニューという表記」「ページ下部にメニューを常に表示」「カルーセルメニューの設置」。メニューについてはWebサイトのターゲット・ペルソナを考慮し、最適な形を選択する必要がありそうですね。

ロゴは左上に配置

これは、以前記事にも書いた「なんでロゴって左上なの??」にも書いた内容です。今ではロゴは左上に配置するWebサイトばかりでは無くなってきて、中央に配置されているWebサイトも増えています。しかし、右上に配置しているものは、ほとんど見かけません。この部分に関しては、人の視線が根幹にあるのでそれほど変わらない常識なのかもしれません。

とりあえずCMSはNG

これも今では常識化してきた内容です。多くのクライアントに話を聞くと「自社で更新できるようにCMSを入れたい」という話を良く聞きます。そして、制作会社側も「わかりました〜」と請け負っているかと思います。しかし、ここで大切なのは、「CMSを使って何を実現したいのか?体制はどうなっているのか?」という点です。

まさに、「手段が目的」になっている良い例です。この何を実現したいのか、体制は出来ているのかという部分が出来ていないとCMSは結局活用されないままになります。本当にCMSが必要なのかをしっかりと議論し、導入を検討する必要性があります。

OS、ブラウザによって表示は異なる

これも意外と知られていないかも知れません。制作会社の多くは、Webサイトを構築する際に表示チェックというものを行います。IE(Edge)、Firefox、Google Chrome、Safariなどで正常に表示されているかどうかを見るものです。

以前はこのブラウザ間でも表示が大きく異なっていたので、調整するのが非常に大変な作業でした。特にIEのワガママっぷりは、この業界に長く居る人はよく覚えているのではないでしょうか(笑)

また、ブラウザ間だけではなく、WindowsとMacでの表示チェックも行っています。ここが実は大きなポイントです。WindowsとMacではフォントの表示が大きく異なっているのです。そのため、どちらか片方でしかチェックしていないと、もう片方ではデザインに少なくない影響を与えている可能性があります。

双方でしっかり調整をすることで、誰が見ても大丈夫なWebサイトに仕上がっていくわけです。

最後に

いかがでしょうか。特にブラウザチェックについては、懐かし〜って感じる方も多いのではないでしょうか。当時はネットの情報も少なかったために、対応に苦慮したことも今となっては良い思い出です。
その他にもWeb業界では常識でも、一般的に知られていないことは沢山あります。そのため制作会社としては、一つひとつをしっかりとクライアントに説明していく義務があります。

コラム執筆中

アイビーネットでは、ホームページに関するコラムを随時執筆中です。

コラム カテゴリ