WordPressとMovableType、結局どっちが良いの??

Writter:Asai (20.12.22)

こんにちは。本日はCMSについて書いてみたいと思います。テーマはWordPressとMovableTypeどちらが良いのという話です。WordPressは一度は聞いたことがあるかと思いますが、MovableTypeはいかがでしょうか?MovableTypeとはシックス・アパート株式会社が提供している純国産のCMSです。では、それぞれの特徴について解説してきたいと思います。

オープンソースか商用か

やはり一番目に付くのは、費用の面でしょう。WordPressがオープンソース(無償)であるのに対し、MovableTypeは商用のCMSです。ここはやはり、導入を検討するにあたりインパクトのある数字になりそうです。しかし、この両者の違いは他にも沢山あります。

phpかhtmlか

WordPessがphpで制作するのに対し、MovableTypeは基本htmlで制作します。もちろん、それぞれに独自タグがありますが、WordPressをカスタムするためには、phpの基本知識が必要なわけです。一方で、MovableTypeはhtmlで制作することができます。つまり、独自タグさえ使えるようになれば、MovableTypeの方が覚えやすいということも言えるわけです。

カスタマイズ性

カスタマイズのし易さは断然にWordPressでしょう。その理由はプラグインの豊富さです。WordPressはオープンソースのため、開発コードが開示されています。つまりは、機能拡張させるプラグインを開発しやすい環境があるわけです。一方で、MovableTypeは商用であるため、開発コードなどは開示されていません。そのため、機能拡張を開発するカスタマイズはWorePressの方がやりやすいと言えるでしょう。

セキュリティ面

おなじく、オープンソースであるか否かに関わる問題です。オープンソースは開発コードを公開しているために、悪意あるユーザーもソースコードを取得できるわけです。そのコードから抜け道を見つけてしまえば、悪意あるユーザーによってセキュリティの網を抜けてしまうわけです。一方でMTは商用のため、ソースコードは開示されていません。そういった部分でもセキュリティ面はMovableTypeが充実していると考えられます。

公開

公開については、大きな違いがあります。WordPressは直ぐに公開がされるのに対し、MovableTypeは再構築という段取りを取ります。これは、出力ファイルがPHPなのか、HTMLなのかの違いによって起きています。
WordPressはPHP、つまりはデータベースから情報を取ってくるため、直ぐに表示を行うことが可能です。一方で、MovableTypeはhtmlを1ページずつ出力しなおすわけです。そのため、再構築に10分以上を要する場合もあります。

結局どちがが良いのかは、何をCMSに求めるか

WordPressとMovableTypeの違いを説明させていただきましたが、如何でしょか?正直なところ、どちらが良いとはハッキリとは言えません。結局は、CMSに何を求めるのかという点が大事だと思うわけです。セキュリティ面を重視するならMovableType、拡張性はスピードを重視するならWordPressなどお客様の要望に合わせて提案できるCMSを持っていることが大切です。
弊社では、そういった観点から独自のCMSをお客様に提案させていただくことがあります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

コラム執筆中

アイビーネットでは、ホームページに関するコラムを随時執筆中です。

コラム カテゴリ