CSRマーケティング

CSR広報を活用し、企業とステークホルダーを結びつける

CSRとは企業のステークホルダーに対する約束事

CSRと聞くと、社会貢献やボランティアというイメージが先行しがちですが、実際は違います。たしかにCSR(Corporate Social Responsibility)は一般的に「企業の社会的責任」と訳されますが、実際は企業のステークホルダーに対する約束事であると考えています。
CSRには、「組織統治(ガバナンス)・人権・労働慣行・環境・公正な事業慣行・消費者課題・コミュニティへの参画及びコミュニティの発展」という7つの中核主題が存在しています。これらを企業の指針として適切に実行することで、企業とステークホルダーの関係性を適切に保ち、ステークホルダーからの信頼を得ることに繋がっていきます。
つまり、CSR活動を実行することは、ステークホルダーから選ばれる企業になるということが言えます。

図版:7つの中核主題
図版:7つの中核主題

CSRにはユーザーが知りたい情報が沢山盛り込まれている

図版:CSRにはユーザーが知りたい情報が沢山盛り込まれている

よく聞く話題としては、「大したことをやっていないから出したくない」「あえて出す必要性を感じない」ということを伺います。
しかし、CSRには、ユーザーが知りたいと思っている情報が多数存在しています。採用ニーズで考えると「残業時間や教育体制、給与」などが質問として考えられます。これらをCSRの視点から考えると、「労働慣行・人権」に該当してきます。また、顧客ニーズで考えると「情報管理はどうなっているのか・製造過程で生じた廃棄物はどうしているのか」などという点については、「労働慣行・環境」に該当します。また、会社近辺の方たちとの関係性についても「コミュニティへの参画及びコミュニティの発展」に該当します。
つまり、CSRとはあらゆる立場のユーザーが知りたい情報が、多数盛り込まれているものだと考えることができるのです。

CSRを積極的に発信し、ステークホルダーとの関係性を強くする

図版:CSRを積極的に発信し、ステークホルダーとの関係性を強くする

これまで述べたように、CSRを積極的に発信することは、ユーザーが知りたい情報を発信するということに繋がります。
また、企業のCSR活動は同じテーマでの活動であっても、企業により独自性があることが多いためユーザーが企業を判断するための重要な情報であると言えます。
CSR活動をホームページやパンフレットなどを利用し、ステークホルダーに積極的に伝えることで、その関係性を強くすることが期待できます。

コラム

CSRに関連するコラムを執筆中です。

サービス案内

アイビーネットの母体は「伊藤美藝社製版所」という老舗の製版・印刷会社です。50年以上前から印刷に関わりつつ、時代に合わせ多様なメディアに特化する専門チームが誕生してきました。さまざまなメディアが存在する現在、お客様にとって最適なコミュニケーションツールを提案しています。