ポケットフォルダ制作

柔軟かつ高い機能性を演出

画像:ポケットフォルダ制作メインイメージ

ポケットフォルダの役割とは

ポケットフォルダとは差し込み口が付いたパンフレットで、多くはA4サイズのペラを複数枚差し込んで利用されています。パンフレットとケースの2つの役割を持った印刷物です。企業紹介や採用情報などの詳細情報はA4のペラモノに掲載されることが多いため、ポケットフォルダは企業イメージやブランドイメージを色濃く表現していくことが大切です。また、A4のペラモノもポケットフォルダとデザイン感を統一することで、まとまった印象を与えることもできます。

ポケットフォルダ制作で大事にしていること

用紙の選択
基本的にはデザインの雰囲気や、お好みに合わせて最適な用紙を選びますが、比較的腰の弱い用紙の場合はワンランク厚めのものを選択したり、反対にあまり厚すぎる用紙を選んでしまうと手に取ったときの違和感が出てしまいます。最適な用紙は、弊社ディレクターとのご相談で選択することをオススメします。
差し込みしやすい形状・貼り加工
書類の出し入れをしやすくする工夫が大切です。ポケット部分の形状や、名刺を差し込む位置、テープ貼りの位置など少しの工夫で使い勝手が大きく変わります。最適な形状・加工は、弊社ディレクターとのご相談で見つけることをオススメします。
汚れないように表面を加工する
ポケットフォルダは、パンフレットや書類を入れて持ち運びするものです。汚れたりすると格好悪いため、表面にPPというビニールを貼る加工を行ったり、ニスと呼ばれる透明なインキで印刷したりして、ポケットフォルダの表面の保護を行います。ご予算に応じて選択することができます。

ポケットフォルダの主な形状とスタイル

見開き(4ページ)、片側ポケットフォルダ

ベーシックな形状。

  • 表紙、裏表紙、中面の左ページにデザインが可能。
  • 見積書等を差し込む。

見開き(4ページ)、両側ポケットフォルダ

多くの印刷物を差し込みできます。

  • 印刷物の種類が多いお客様に最適。

中綴じ、最終ページポケットフォルダ

パンフレットの最終ページにポケットを付ける。

  • 会社概要や組織図、沿革など変更の多い情報を差し込む。
  • 商品案内等追加情報の印刷物を差し込む。

制作料金

ページ数や内容、形状によって制作料金は異なります。最初のご相談時にある程度の予算感をお伝えいただけると、その予算内で最適なご提案をさせていただいています。また、過去の制作料金例を紹介したページを用意させていただいているので、そちらもご参考ください。

制作の流れ

制作に必要な期間は約2~3ヶ月が一般的です。
お客様の目的ごとに制作の流れは異なりますので、これ以外の行程が増えたり、省かれる工程が出てくる場合もありますのでご了承ください。

画像:制作の流れ

企画構成

画像:企画構成

ご要望に合わせてツールの役割を明確にし、全体のストーリー構成を作っていきます。この段階では、デザインではなくワイヤーフレームと呼ばれるページ設計図を基にお打ち合わせさせていただきます。

原稿制作/素材収集

画像:原稿制作/素材収集

コンテンツに合わせて、キャッチコピーの制作から本文の制作を行います。ご用意いただいた原稿のリライトもお手伝いさせていただきます。原稿をゼロベースから制作する場合は、ライターや当社のスタッフからご提案させていただく場合もあります。また、プロのカメラマンによる写真撮影も行っています。

デザイン制作

画像:デザイン制作

全体のストーリー構成が決まったら、デザインを制作していきます。デザインはお客様からのご要望やユーザー(顧客)からどのように見られたいかなどをヒアリングさせていただき、完全オーダーメイドでご提案します。

印刷・加工

画像:印刷・加工

デザイン完了後、印刷・加工の工程に入っていきます。アイビーネットの母体は製版会社ですので、写真の魅力を活かした最適な色表現を可能としています。その他にも、ツールの魅力を引き上げる各種加工をご提案することも可能です。

納品・運用

画像:納品・運用

仕上がったツールを納品いたします。一括での納品の他にも、下記のようなサービスで御社の業務の一部をお手伝いさせていただくことも可能ですので是非ご相談ください。

  • DM等の発送代行
  • DM等の封入、封緘
  • 宛名の印字
  • 商品サンプルのセット組み

会社案内・パンフレット制作メニュー

サービス案内

アイビーネットの母体は「伊藤美藝社製版所」という老舗の製版・印刷会社です。50年以上前から印刷に関わりつつ、時代に合わせ多様なメディアに特化する専門チームが誕生してきました。さまざまなメディアが存在する現在、お客様にとって最適なコミュニケーションツールを提案しています。